浪費家? 倹約家?

【鼻】, ⑤仕事とお金, 浪費家? 倹約家? 0 Comments

■仕事とお金9■ 浪費家?倹約家?

お金を遣うのが好きかどうかは鼻の穴の見え方で分かる!

 

「彼の気前のよさは?」(メモ:前ページリンクする おごり)のページでも鼻の穴の大きさと気前の良さの関係について説明しましたが、浪費家か倹約家かを見分けるには、鼻の穴の大きさだけでなく、鼻の穴の向きや形もポイントになってきます。

正面から見て鼻の穴が良く見えるほどお金遣いが荒い浪費家で、見えないほどお金に堅実な倹約家です。

鼻の穴が大きいほど見えやすくなるので「浪費家・倹約家」は「気前のよさ・悪さ」とも関係しているのです。

また、鼻の穴がブタ鼻のようだと、お人好しで薦められたものを何でも買ってしまったり、鼻筋が通っていても鼻の穴がツンと上を向いていると、見栄っ張りで、必要のないモノや収入にあわないものを買ったりと、浪費家の傾向となります。

(鼻:鼻の穴が見えるほど浪費家・見えないほど倹約家)

 

 


≪タイプ1≫ 鼻の穴が丸見え

鼻

宵越しの金は持たないタイプ

鼻の穴が大きく正面から丸見えの男は、小さな事を気にしません。

「明日は明日の風が吹く」を地で行く人で、給料が入った途端好きなものを買ったり、仲間とパァーと飲み会に行ってお金を遣ってしまうタイプです。

 

 


≪タイプ2≫ 鼻の穴の見え方が標準的

小さい

貯金しても時々贅沢をする

お金の遣い方のバランスが取れているタイプです。

比較的上手にお金を遣える人で「金は天下の回り物」という言葉のように、自分のためや人のためにお金を遣って贅沢します。そして、それでまた仕事もがんばれます。

 

 


≪タイプ3≫ 鼻の穴が小さく正面から見えない

鼻

ケチで堅実。贅沢はしないタイプ

お金を遣うより貯めることに意識が向いていて、ムダ使いは一切せずに貯金を趣味にしているような男です。さらに鼻先が下を向いていて鼻の穴が見えなくなっていると、人付き合いにもお金を使わない傾向が・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です